素材を知る!「ナイロン」に関して

素材を知る!「ナイロン」に関して 素材を知る!「ナイロン」に関して
ナイロンは素材による分類をすると、 カーペット繊維>化学繊維>合成繊維 の中に含まれます。
カーペット繊維 天然繊維 ウール
綿
化学繊維 セルローズ系 レーヨン
合成繊維 ナイロン
アクリル
ポリプロピレン
ポリエステル

ナイロンの特徴

ナイロンの特徴には下記があります。
  • 強度がある
  • 摩耗に非常に強い
  • ナイロン繊維自体のコシが強い
  • 遊び毛が出にくい
  • 汚れが落ちやすい
  • 速乾性が高い
ナイロンを使用した商品では、耐久性の高いものや、 はっ水効果のあるものが多くあります。 また、遊び毛が出にくいという特性もありますので 手入れや掃除がしやすいものとなっています。 その特性から、ホテルや病院医療施設などでも多く使用されているとか。 ただ、ポリエステルの方が価格面でも安価なため多く出回っているようです。

デメリット

  • 他の化学繊維性のものよりも少しお高め
  • 紫外線などに弱め
  • 染色が難しく、発色が難しい
繊維の特性上染色が難しいので発色が…と上げましたが、 現在では「元着ナイロン」と言って繊維の段階で 色付け(繊維を作るときに一緒に色素の素になるものなどを練りこむ) することで、色あせしにくい作りになっています。
GSスタッフ
この記事を書いた人 GSスタッフ
ラグ、カーペットなどの敷物に目がないしがないスタッフです。 いいものを見つけたら紹介したくてたまりません!